のぼりの宣伝効果とは

お店のこだわりをオーダーのぼりでアピールする

のぼりのデザイン
ラーメン激戦区というように、周りに同業他社がたくさんありませんか。
他のお店に負けないためにも、まずはお店の存在感を強くしましょう。

存在感

どうやって宣伝するかによってかなり変わります。
どんなに良いサービスや商品を提供しても、多くの人に知ってもらわなければ儲かりません。

のぼりはお店の大事な看板ですから、こだわりを持って作っている人が多いです。
既製品であってもかなり目立ちますが、オーダーすることで自分のお店が
どんなお店なのかがよりわかりやすくなります。

既製品では伝えたいことが少ししか伝わらないとは思いませんか。
自分が伝えたいことを伝えることができることがオーダーのぼりを発注する最大の理由です。

色もそうですが、看板商品の写真を載せたり、商品名を載せたりできます。

他のお店にはない、しかも魅力的だと感じれば、多くのお客さんに恵まれるでしょう。
今まで既製品を買っていたけれど、あまり集客効果を感じなくて自分でデザインを考えるようになった店主も少なくないはずです。

大きなチェーン店であれば、大量に発注していますが、個人経営であっても
オーダーした方が集客効果があると思って利用しているお店はたくさんあります。

差別化

特に激戦区で勝負しているお店の場合は重要です。
たとえ、他のお店に行こうと思っていたとしてものぼりが魅力的で気持ちが変わることだってあります。

それくらい重要な役割を担っているからこそ、多くの店主がこだわりを持っているのでしょう。

ラーメンブームの到来!初代・ラーメン激戦区は環七だった?

今から28年ほど前1990年代初頭に起こった「環七通りラーメン戦争」をご存知ですか。
1994年の環七通りは、首都の迂回路としてドライバーには重要な幹線で、通りには多くにラーメン店が乱立して競いあったので
この名がつけられました。都内の交通の要の役割でトラックなどの運送関係や夜間はタクシードライバーが利用したことで有名になりました。

当時のなごりを残している名店が、現在でも軒を並べて営業しています。
ラーメンは、庶民の味と同時にこだわりの味を現在でも売り物にする店が多くラーメン店の人気ランキングが必ず作成され、
ラーメン通と言われる人が食べ歩きをします。

比較的ご当地の味があり、都内の中華そばからご当地ラーメンまで幅広いジャンルがあり手軽に食べることができることが、
運転途中のドライバーには便利だったのです。

1994年に流行ったラーメンブームが今も健在です。各地にラーメン横丁があり、多くの人が行列に並んでも食べようとする人気店が
今でも健在です。それだけ人々に愛されている存在だからでしょう。チェーン店が多いのもラーメンならではの光景です。
ご当地ラーメンで札幌ラーメン・熊本ラーメン・博多ラーメンなどの地名が付くほど地域密着の味です。